目的別!クレジットカードを徹底比較

クレジットカードには非常にたくさんの種類があり、カードごとに異なった特徴をもっています。そのため、初めてカードを作ろうと考える場合にはどれを選んでいいのかわからないこともあるでしょう。ただ、クレジットカードは使う目的をはっきりさせることで、どのカードが自分に合っているのかがわかります。

ここではクレジットカードを目的別に紹介し、それぞれの目的に応じたおすすめのクレジットカードについて詳しく説明します。

クレジットカードにはさまざまな特徴がある

日本国内には1,000種類ほどのクレジットカードが発行されています。近年ではクレジットカードにさまざまな付加価値(電子マネーやキャッシングなど)がつけられ、クレジットカード1枚でたくさんのことができるようになりました。そういった付加価値や特典はクレジットカードごとに違いがあり、カードそれぞれに特徴を持っています。そのためクレジットカードを単純に選ぶのは難しいと言えるでしょう。そういった理由からクレジットカードを作る際には使用する目的別に特徴を比較しながら選ぶのがおすすめです。

まずは年会費をチェック

クレジットカードを比較するときに最も重要なのが「年会費」です。年会費というのはそのクレジットカードを1年間保有するために必要となる費用のことをいいます。

この年会費は無料のものから30万円以上かかるものまであり、年会費がかかるカードほど付加価値が充実します。クレジットカードにかかる年会費をできるだけおさえたいという人は無料のカードを選ぶのがおすすめですが、場合によっては年会費をあえて払うことで手厚いサービスが受けられることもあります。

セキュリティ面では大手のカード会社が安心

クレジットカードを利用して買い物をする際にはどのクレジットカード会社であっても、使い勝手に違いはありません。ただ、大手のクレジットカード会社はセキュリティ面に力を入れていることが多いです。そのため、万が一の場合にも手厚いサポートが受けられることが多いのが特徴です。大手と中小の比較も重要でしょう。

明確な目的が無いなら高還元率&特典を狙え!

クレジットカードを比較する際、明確な目的が思いつかないという人は「還元率の高さ」と「特典内容の充実さ」を重視する方法のがおすすめです。この2つの点を重視することで買い物にかかる費用などをおさえられ、生活全体に潤いをもたらします。

ポイント還元率はどうか

クレジットカードで買い物をするとポイントが貯まります。このポイントはカード会社によって異なり、ショッピングで利用できる場合や、商品への交換、さらに現金としてもらえる場合もあります。そのため、買い物に支払った金額がポイントとして多く還元されることで結果的に買い物にかかる金額をおさえることができるのです。

ポイントの還元率は0.5%や1.0%のものから、さまざまなサービスを組み合わせることによって最大13%にまでできるカードもあります。そのため、高還元率のカードを持っていると、カードで買い物をする方が現金よりもお得であると感じられるでしょう。

付加価値もしっかりと確認しよう

クレジットカードの付加価値として代表的なものは旅行傷害保険です。これはクレジットカードをもっているだけで、海外旅行や国内旅行中の病気やけがが起こった際に保険が利用できるサービスのこと。

また、小売店舗と提携しているカードであれば買い物の優遇サービスが受けられる場合や、ロードサービスが無料でついてくるものもあります。そのため、カード選びの際には付加価値の内容もじっくり比較して検討してみてください。

ポイント還元率で選ぶ

まずはポイント還元率の高いカードを比較します。ポイント還元率の高いカードとして知られているのが「楽天カード」「Yahoo! JAPANカード」「Orico Card THE POINT」です。

楽天カード

楽天カードの基本還元率は1.0%です。ただ、楽天市場を利用してクレジットカードで買い物をするといつでも4~6倍のポイントが付与されます。さらに楽天グループのサービスを利用することでも還元率が大幅にアップしますので、楽天市場を利用することの多い人に人気があります。

Yahoo! JAPANカード

ソフトバンクユーザーに最適なカードと言われているのがYahoo! JAPANカードです。というのもソフトバンク会員ならYAHOO!プレミアム会員が利用でき、ポイントが10倍になります。それ以外の場合でもTポイントの還元率が1.0%ですので、常に高い還元率が期待できます。
また、YAHOO!ショッピングやLOHACOでの買い物には常時ポイントが3倍以上になりますので、利用する人にはおすすめのカードです。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTはオリコモールを使ってネットショッピングを行うと還元率が1.5%になります。通常の利用であっても還元率は1.0%ですので、常に高い還元率があります。

さらに入会後6カ月の間は還元率が2.0%に上昇しますので、非常にお得です。そのうえAmazonや楽天、Yahoo!での買い物では還元率が1%上乗せされますので、この3枚の中でも最も高い還元率をもつカードであると言えるでしょう。

ETCカードで選ぶ

車を運転する人にとって高速道路の料金が割引になるなどの特典が得られるETCカードは非常に重要な存在でしょう。ただ、ETCカードにも年会費が必要なものからポイントが貯まるものまでさまざまな種類があり、しっかりと比較することでお得に利用できます。そこでおすすめのETCカードは「JCBドライバーズプラスカード」「三井住友VISAゴールドカード」「Orico Card THE POINT」です。

JCBドライバーズプラスカード

年会費や発行手数料がかかるETCカードも多い中、年会費と発行手数料が無料なのがJCBドライバーズプラスカードです。本カードには年会費がかかりますが、ポイントが貯まると年間最大72,000円というキャッシュバックが受けられることにあるでしょう。ETCだけでなく通常の買い物やガソリンスタンドの利用でもポイントが貯まりますので、貯まったポイントが現金としてもらえます。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードのETCカードは年会費は実質無料です。また、国内・海外にかかわらず最大で5,000万円の旅行保険が付帯し、無料の医療相談など生活をサポートしてくれるサービスも用意されています。本カード自体には年会費がかかりますが、他にはない高いレベルのサービスを受けることができます。

Orico Card THE POINT

ETCカードの中で最も人気があるのがOrico Card THE POINTです。Orico Card THE POINTは年会費が本カードとETCカードの両方で無料です。さらに紛失・盗難時には保証が付帯しているので非常に安心感もあります。お金がかからずにETCカードが作れ、ポイント還元率も高いことから、お得感が感じられるカードであると言えるでしょう。

電子マネー機能で選ぶ

駅やコンビニなどで買い物ができる電子マネーは、時間を節約して支払いができる方法として人気があります。そんな電子マネー機能が付いたクレジットカードも登場し、人気を集めています。そのなかでもおすすめなのは「セブンカード・プラス」「セディナカード」「ビックカメラSuicaカード」です。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスは電子マネーとしてnanacoを搭載しています。貯められるポイントはnanacoポイントであり、nanacoでの支払いだけでなくチャージでもポイントが貯まります。セブン&アイグループの対象店で利用すると最大で3倍のポイントが付与されますので、ポイントが貯まりやすいといった特徴があります。

セディナカード

日本の大手信託会社のひとつである株式会社セディナが発行するセディナカードも、電子マネーのnanacoが利用できるクレジットカードです。セブンイレブンとイオンで3倍のポイントが貯められるカードであり、海外のショッピング利用でも1.5倍のポイントが貯まります。貯まったポイントは商品券やマイルに交換が可能です。

ビックカメラSuicaカード

電子マネー機能付きのクレジットカードの中で最も人気があるのがビックカメラSuicaカードです。電子マネーとしてSuicaが利用でき、オートチャージ機能もついていますので、あらかじめチャージしておく必要もありません。ビックカメラのビックポイントが貯まればSuicaにチャージもできますので、ポイントを無駄なく使うことが可能です。さらに年会費は実質無料で、Suicaカードとビックカメラでの買い物を組み合わせると最大で11.5%という高還元率が期待できます。

年会費で選ぶ

少しでもカードにかかる年会費をおさえたいと考える場合には、年会費無料のクレジットカードを選ぶのがおすすめです。「楽天カード」「エポスカード」「Orico Card THE POINT」の3つのカードであれば、年会費が無料で利用できます。また、それぞれに特典もありますので、おすすめの3枚です。

楽天カード

楽天カードは年会費が無料にもかかわらず国内や海外旅行の傷害保険が付帯し、ETCカードの発行も可能です。
通常の買い物では1.0%の還元率ですが、楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルなどを利用している場合にはさらに高いポイント還元率が得られます。そのため年会費無料でポイントが貯めやすいカードであると言えるでしょう。

エポスカード

年会費が無料で利用できるエポスカードは、最高500万円の海外旅行保険がついています。さらに、カラオケや居酒屋、レジャー施設を割引価格で利用できるなどの優待も受けられます。マルイで年4回開催されるバーゲンでは10%オフになるといった特典もあり、ポイント以外での特典が多いのが特徴です。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTは年会費が無料なだけでなく、ポイントの還元率が1.0~3.0%と高いことで知られています。また、「iD」と「QUICPay」といった電子マネーも搭載していますので、非常に便利です。そのうえ貯まったポイントは「Amazonギフト券」や「iTunesギフトコード」であれば即時に交換ができます。そういったスペックの高さなども合わせて考えても、Orico Card THE POINTは年会費無料の中で最も人気があると言えるでしょう。

ゴールドカードで選ぶ

国内主要航空の空港ラウンジが使用できることや、レストランでの優待、医療相談など高いサービスが受けられ、ステータスが感じられるカードとして知られているゴールドカードは充実した使用感が味わえます。そのなかでもおすすめなのは「dカード GOLD」「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」「三井住友VISAゴールドカード 」です。

dカード GOLD

NTTドコモが発行するゴールドカードとして知られているのが、dカードGOLDです。dカード GOLDでは、常にポイント還元率が1.0%であり、海外旅行保険では最大で1億円といった手厚い補償が受けられます。ショッピング保険も付帯しており、年間で最大300万円が補償されますので、ショッピングにおいても安心感があります。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

ゴールドカードの中でも年会費が格安でありながらも充実したサービスが受けられるのはOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDでしょう。ポイントの還元率が高く、電子マネー機能も搭載していますので、使い勝手のいいカードです。海外旅行保険は2,000万円まで補償され、ショッピング保険は年間100万円です。

三井住友VISAゴールドカード

最も人気のあるゴールドカードとして選ばれているのは三井住友VISAゴールドカードです。初年度は年会費無料であるのが特徴で、2年目以降からは年会費がかかりますが、それに見合った充実した特典が受けられます。まず、海外と国内の旅行傷害保険は最大で5,000万円であり、ゴールドカード専用のデスクも用意されていますので海外旅行でも安心です。国内の空港では空港ラウンジサービスも無料で利用できます。

ガソリンカードで選ぶ

ガソリン代を少しでも安くおさえたいと考える人は、ガソリンカードを選ぶのがいいでしょう。ガソリンカードは「イオンカード(WAON一体型)」「NTTグループカード」「dカード」の3枚がおすすめです。ただ、ガソリンカードはENEOS、出光、コスモなどメーカーによっておすすめのカードが変わります。自分がどのメーカーを利用することが多いのかも考慮し、カードを選びましょう。

イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型) はコスモ石油で利用するとポイントが2倍になる特典があります。さらにコスモ石油では会員価格で給油できますので、ガソリン代をおさえながらポイントを貯めることもできます。

NTTグループカード

出光を利用することの多い人はNTTグループカードがいいでしょう。NTTグループカードを利用して出光で給油すると翌々月のガソリン代が最大で40円割引されます。年会費も無料ですので、気軽に持てるカードとしても知られています。

dカード

エネオス(ENEOS)で給油することが多い場合におすすめなのがdカードです。ドコモの共通ポイントであるdポイントが貯められるこのカードでは、100円につき2ポイントが加算されます。還元率でいうと2.0%にもなりますので、ガソリンの給油回数が多い人に人気があります。

法人(ビジネス)カードで選ぶ

クレジットカードをビジネスのシーンで利用する際には、法人カードがおすすめです。法人カードを利用すると経費の精算や事務処理の管理において簡略化することができます。また、ビジネスのシーンで役に立つ付帯サービスを持つものもあり、タクシーチケットやETCなどのサービスがある法人カードではお得感が感じられるでしょう。

このように法人カードもそれぞれに特徴がありますので、利用目的によっておすすめのカードは変わります。ポイントの還元率にも差があるので個人のカードよりも比較ポイントが多いのは言うまでもありません。そのなかでも「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード」「JCBゴールド法人カード」「MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス(Visa・MasterCard)」は使い勝手が良く、おすすめのカードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレスの法人向けのカードであるアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードはマイルの貯まるカードです。ANA・JALの両航空会社において0.50%の還元率でマイルが貯まります。さらに最大1億円の海外保険障害保険が付帯しています。

JCBゴールド法人カード

法人のゴールドカードとして人気があるJCBゴールド法人カードは、ETCカードの無料発行が可能です。さらにネットで申し込みを行うと初年度の年会費も無料になります。海外傷害保険も最高で1億円が補償されますので、安心感もあります。

MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス(Visa・MasterCard)

ポイントプログラムが充実している法人カードとしておすすめなのがMUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス(Visa・MasterCard)です。カードの年間利用額にとって翌年のポイント還元率が変わりますので、カードを頻繁に利用する人に人気があります。
また、ポイントのボーナス制度もありますのでポイントが貯めやすいカードです。さらに空港のラウンジの利用も可能ですので、出張の多い人におすすめです。

発行期間で選ぶ

クレジットカードを作る際には、カードの発行にかかる期間も重要です。というのも急にクレジットカードが必要な場合には即日発行してくれるものであればすぐに受け取りが可能です。
カード会社によっては発行までに2週間かかるものもありますので、急ぎの場合には気を付けなければいけません。即日で発行が可能なおすすめのカードには「セゾンカード インターナショナル」「エポスカード」「ACマスターカード 」があります。

セゾンカード インターナショナル

当日に申し込み、セゾンカードカウンターで直接カードが受け取れるのがセゾンカードインターナショナルの大きな特徴です。クレジットカードヒストリーがブラックでない限り当日に作れますので、急にカードが必要になった時にも安心です。

エポスカード

エポスカードは即日に発行でき、その日から利用できます。年会費は無料でありながらも、海外旅行保険が付帯していますので、海外旅行前に急ぎでカードを作りたい人に人気があります。さらに飲食店やカラオケ店などでも優待サービスが受けられます。学生や主婦でも作れるのも嬉しいポイントです。

ACマスターカード

アコムのカードローン機能と一緒になったカードとして知られているのがACマスターカードです。審査内容も一般的なクレジットカードの審査に比べるとカードローンの審査寄りであり、今までクレジットカードが持てなかった人でも作れるカードとしても知られています。そのため即日発行カードの中では最も人気があるカードです。

マイルで選ぶ

飛行機を利用することや海外旅行に行くことが多く、地上においてもマイルを貯める目的でクレジットカードを持ちたい人におすすめなのが「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカード」と「ソラチカカード」です。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカード

アメリカン・エキスプレスが発行しているスカイ・トラベラーカードは航空マイルが強力に貯まるカードとして人気があります。1,000ポイントが貯まると1,000マイルに交換が可能で、マイルに移行できる航空会社は15社も用意されています。他のマイル系カードと比較してもここまで移行会社が多いカードはめったにありません。

ソラチカカード

東京メトロとANAが提携を結んで発行しているのがソラチカカードです。入会時と継続時に1,000マイルがもらえ、日々の買い物でもOki Dokiポイントが貯まります。さらにメトロに乗車してもメトロポイントが付与され、どちらのポイントもANAマイルへの移行が可能です。東京メトロの利用など飛行機以外の利用でもマイルが貯まりやすく、利用しやすいカードであると言えるでしょう。

旅行保険で選ぶ

海外旅行が好きな人には海外旅行保険の観点からクレジットカードを選ぶのがいいでしょう。海外旅行保険がついているカードであれば、海外旅行保険に加入する必要がなくなり、その分の費用がおさえられます。海外旅行保険が充実しているカードでおすすめなのは「MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visa」「REX CARD Lite(レックスカードライト)」「エポスカード」です。

MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visa

MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visaでは海外旅行傷害保険が最高で5,000万円補償されます。また家族特約も付帯されますので、家族旅行にもおすすめです。さらに海外旅行中の病気やケガだけでなく携行品の破損や盗難にも保証があります。

REX CARD Lite(レックスカードライト)

REX CARD Liteは年会費が無料であるにもかかわらず、海外旅行傷害保険が最高で2,000万円も補償されるカードとして知られています。携行品損害には20万円、救援者費用も200万円まで補償が可能です。

エポスカード

海外旅行保険が自動付帯され、年会費が無料のカードにはエポスカードもあります。傷害死亡・後遺障害には最高で500万円が補償され、免責なしの賠償責任には最高で2,000万円の補償が可能です。しかもエポスカードは即日発行もできますので、急な遠出でも間に合います。海外旅行での安心や発行のしやすさを考えると作っておくべきカードであると言えるでしょう。

付帯サービスで選ぶ

クレジットカードを選ぶ際にはカードに付帯されているサービスもしっかりとチェックしておきましょう。付帯サービスが充実しているカードでは「MUFGカードゴールド」や「アメリカン・エキスプレス・カード」がおすすめです。

MUFGカードゴールド

初年度の年会費が無料になるゴールドカードとして知られているMUFGカードゴールドは、付帯サービスも充実しています。まず国際線の利用時に国内の主要6空港だけでなくハワイ・ホノルル空港のラウンジが無料で利用できます。さらに海外旅行保険や国内旅行保険、ショッピング保険のいずれにおいても高いレベルの内容が補償されています。

2年目以降の年会費も2000円以下という格安さにくらべて、このサービスの充実度はかなりお得です。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードでは、海外旅行保険の他にもリターン・プロテクションやショッピング・プロテクションといったショッピングに関する補償が充実しています。さらに国内28空港とハワイ・ホノルル、韓国・仁川の空港でのラウンジが利用できます。そのうえ空港までや空港からの手荷物無料宅配サービスや無料ポーターサービスなど空港で受けられるサービスがたくさんあります。

新社会人向けで選ぶ

新社会人となり初めてクレジットカードを持つ人は、年会費無料のカードや将来的にゴールドカードが目指せるカードを選ぶのがいいでしょう。なかでも「JCBオリジナルシリーズ」や「三井住友デビュープラスカード」は新社会人におすすめです。

JCBオリジナルシリーズ

国際ブランドであるJCBが発行しているオリジナルシリーズには、29歳以下限定のJCB CARD EXTAGEと39歳以下のJCB CARD Wがあります。国際ブランドならではの信頼性を持つこのカードには若い世代だからこそ受けられるサービスも充実しています。また、ポイントの還元率も高く、新社会人が申し込むのに適しています。

三井住友デビュープラスカード

年会費が初年度無料で、年に1回以上カードを利用することで翌年の年会費も無料にできる三井住友デビュープラスカードは通常のカードの2倍のポイント還元率があります。入会後3カ月間は5倍のポイントがもらえますのでポイントが貯まりやすいカードとしても人気があります。ネットショッピングを利用すればAmazonや楽天でもポイントが最大で20倍になるのも魅力でしょう。

さらに満26歳になると更新時にプライムゴールドカードへステップアップもできます。そのため、ポイント面やライフステージの変化を見越してクレジットカードを選ぶのであれば、三井住友デビュープラスカードがおすすめです。

総合的なスペックで比較するならコレ!

クレジットカードを選ぶ際には総合的なスペックでも判断しなくてはいけません。電子マネー機能の有無や、ポイントの高還元率、審査の通りやすさ、さらには年会費の安さなどをしっかりと考慮しましょう。そういった総合的なスペックでクレジットカードを選ぶのであれば「楽天カード」や「Orico Card THE POINT」がおすすめです。

専業主婦でも作れるカード

楽天カードやOrico Card THE POINTは、審査が通りやすいカードとして知られています。そのため、これらのカードであれば専業主婦でもクレジットカードを持つことができます。なかでも楽天カードは楽天グループの利用者を増やす目的で審査の基準を緩くしている傾向にあります。また、オリコカード・ザ・ポイントの審査申し込み基準は「原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)」のみですので、安定した収入が無くても年齢と条件をクリアしていれば申し込みができます。

計画的な使い方をしよう

クレジットカードを利用すると買い物が楽しくなる反面、計画的に使わなかった場合には返済が困難になることもあります。もしクレジットカードの支払いが滞るとブラックリストに載ることもあり、将来的にローンが組めなくなってしまうこともあるでしょう。そのため、クレジットカードの注意点を良く守り計画的な使い方を心がけることが大切です。

上手に選んで有効的な活用を

クレジットカードは自分の目的に合ったものを上手に選び、有効的に利用すればお財布に優しく生活を快適にすることもできます。そのため、カードについての知識をしっかりと持ち、自分にぴったりのクレジットカードを選ぶことが大切です。自分に合ったクレジットカードを活用し、ショッピングをもっと楽しみましょう。